TsubasaShinya.Tokyo~鍼灸を身近に感じるメディア~

鍼灸師目線で世の中のことを見ていくメディアです。経営のことや組織論などのカタい話から「やってみた」「いってみた」や「美人すぎる鍼灸師」などの情報を好き勝手にお届けしていきます。

【シンツバ訪印記 3日目】カレー味のなにかを僕たちはまだ知らない

www.tsubasashinya.tokyo

www.tsubasashinya.tokyo

 

3日目。

やはりまさるは復活せず。

むしろ昨日より悪化。発熱なう。

山さんは朝ラマダンしてただけだけど。

朝食。

3日目はありあけ堂さんにて勉強会。

マミによる姿勢や身体の使い方のパート

 

 

こいつ態度わりーな。

 

というわけで

収監。受刑者部屋。

 

この日のランチはホテルスタッフの食堂へ。

スタッフ通路を通る。ボイラー室の感じが本気のバイオハザード感。

現地人スタッフと一緒に並ぶ。

 

お。なんかこの旅で最もローカルインド感あるぞ。

 

郷に入っては郷に従え。手で食おうじゃないか。とか思ってたら...

f:id:tsubasa-shinya:20190310105148j:plain

めっちゃスプーン使うやん!!

ほんで奥の人めっちゃカメラ見てくるやん。

 

f:id:tsubasa-shinya:20190310105252j:plain

ほんでこのお父さんめっちゃ日本人顔やん。色黒なだけで。

 

現地人よりも現地人らしいヨシト・マハトマと

食い方が汚いあやか。ホント動画貼りたい。

僕もチャーハンを食べました。

 

腹ごしらえして後半戦。

山さんの話はおだやかで、わかりやすい。

 

ほんで、まさるがダウンしたので代打の私。

専門領域である美容鍼についてのお話と実演。

駐在員の奥様方にも美容鍼受けてほしいよね。異国生活でのストレスへのアプローチとしても非常にいいと思う。

 

そしてありあけ堂インド人スタッフによるリラクゼーションを受ける。

その時に発覚したのである。

あやかつむじ二個あるということが。(なんの話だよ)

 

ミッションを終え、ローカルなマーケットに。

オシャレだな。「インドの代官山」らしい。わかる。

ここでこれをお土産用に買い占めた。

現地だと超安いんよね。

中国人ばりに爆買い。薬局の人が

「なんでそれをそんなに買うんだ?」

「もっといいのがあるぞ。」

と薬売りつける気マンマン。薬局なのに。笑

ローカルのスーパーもなかなかたのしかった。

帰国してから食べた「インド味のスナック菓子」は、滞在中食べたどの食べ物よりもインドを感じた。

 

夜はありあけ堂さんと懇親会。

「自ら志願して単身インドに住んで働く」というくらいだからみんな変人に決まっていて、もうありあけ堂スタッフもキャラが逸材ぞろいなんだけど(特にこの右の人はやばい)そこに触れだすと大渋滞おこして収集つかないからやめとく。

 

この日に至ってはめっちゃ日本食。

あやかはこの鉄鍋餃子が隣のテーブルに出てきたとき、身を乗り出して羨ましそうに食べたそうにしていたのが地味にうけた。なんならこの旅一番のテンションだった。

お世話になりましたー!!

 

いよいよ最終日はやっと観光。

インドの風、感じる。